「日本の男」と「日本の女」はどちらが生きづらいか

ネット上の男女対立が激化したのはいつからだろうか。

正確な年代はよくわからないが、スマートフォンが台頭し、老若男女誰でもインターネットにアクセスできるようになってから、対立が酷くなったように感じる。

 

sonicch.com

togetter.com

 

御覧の通り、昨今の男女対立は見るに堪えない有様である。

「一部の極端な奴らがバカなことしてるだけだろ」と言いたくなる気持ちはわかるが、「一部の極端な奴」の影響力を侮ってはいけない。

 

俳優によるレイプ事件でなぜか男性全体が責められ、痴漢冤罪をでっち上げた一部のアホのせいで実際に被害に遭った人まで白い目で見られるようになった。

「一部の極端な奴」はいわゆる「普通の人」の価値観まで捻じ曲げるほどのパワーを持っている。

 

そんな連中に惑わされてまんまと男女対立にハマって、悔しくはないか?

俺は悔しい。

 

ここでタイトルに戻ろう。

「日本の男」と「日本の女」はどちらが生きづらいか。

それに対する俺の答えはこうだ。

「どっちも生きづらいし、そんなことを比べること自体不毛」

 

誤解しないで欲しいのだが、俺は男女それぞれの苦しみを相殺したいわけじゃない。

男性に偏る自殺・過労死率の高さだったり、根強く残る女性差別も解消すべきだと思っている。

どちらも解消すべきだからこそ、「俺の方がつらい」「いや私の方がつらい」と争わず、協調して問題に取り組むべきではないだろうか。

繰り返し言うが、苦しみの総量を比べることは不毛であるし、そもそも比べることができる類のものではない。 

 

 

 このツイートは問題の核心を突いている。

 

 男の言う「女は主婦になれるから楽だよなー」という発言も、女の言う「男は仕事を楽しめていいよね、それに比べて家事育児はつらいことばかりで…」という発言も互いに相手の苦労を軽視しているからこそ湧いてくる発想なのである。

 

 冷静に考えてみれば当たり前のことなんだが、仕事も家事も育児もしんどい。

めちゃくちゃしんどい。

上司や取引先から怒鳴られなじられ、彼らの気分一つで心身を削られること。

一日たりとも休みが取れず家の管理をすること。

子どもとかいうめっちゃ理不尽な生き物の相手を一日中すること。

 

みんな当たり前のようにやっているが、「みんなやってる=簡単」ではないし、何ならちゃんとやれてない人の方が多いんじゃないかとすら思えてくる。

 

ネットでの男女対立は本当に酷いものであるが、リアルでは「妻を尊敬する夫」「夫を尊敬する妻」に結構出会うこともある。

もちろん彼らにだって愚痴はあろうが、それでも言葉の端々から夫婦が互いに尊敬しあっている様子が見て取れる。

もしかしたら、この記事を読んでいるあなたの両親もそんな風だったのではないだろうか。

(余談だが俺の両親は互いを軽蔑しており、現在別居している。普通一般の夫婦はそんなに仲は悪くないらしいですね)

 

男も女も生きづらいんだからお互いに敬意を持って生きようね、というのが理想論であり俺の結論でもあるのだが、こんな月並みなことを言って終わるのはどうにも味気ない。

 

例として結婚している男女を挙げたが、独身の男女でも「お前らの方が楽してるだろ!」という思い込みを持ってしまうことはある。

どうして人間は「男or女は楽をしている」という思い込みに陥ってしまうのだろうか。

 

一つは、先ほど例に挙げた「互いの仕事に対する無責任さ」だろう。

隣の芝は青い。

その青い芝を保つのに、隣人がどれほどの苦心をしているか俺たちは知ろうともしない。

 

もう一つの理由は以下の通り。

 

これは男女どちらにも言えることなのだが、社会的に冷遇されている異性を無視し、優遇されている異性だけを見て「アイツらは楽をしている!」と叫んでいる人が大半ではなかろうか。

「手取り十二万でボロボロになるまで働く男」になりたい女はいないし、「水商売ですら稼げない容姿の女」になりたい男はいない。

 

そしてインターネットで言い争っているのは「社会的に冷遇されている男女」なのだが、要するに糾弾すべき相手を間違っているのである。

この層が言い争ったとして、男に「女は養ってもらえるから楽だよなw」と言われても「私を養ってくれる人間なんざいねーよふざけんな!」となり、女に「男はモラハラセクハラばっかり」と言われても「ハラスメント以前に女との関わりすらねーんだよふざけんな!」となりそもそも話が噛み合わない。

 

「社会的に冷遇されている層」が互いに言い争うことがいったい「誰が」得をしているか、考えてみた方がいいのではないだろうか。

 

アレコレと述べてきたが、俺が結論として言いたいのは「ネット上の男女対立は不毛」ということに尽きる。

夫婦が言い争っても、非モテ同士が言い争っても、結局社会は良くならないし自分の人生だって良くならない。

言い争う行為がガス抜きになっている人もいるだろうから「絶対にやめろ」とは俺からは言えないが、たまに自分の発言を振り返ってみるのも大事なことだと思う。

 

(なんて偉そうなことをつらつらと述べきたが、俺もたまに異性を恨むコメントをしてしまうことがある。どうにも情けなくなってきたのでここで筆を置く)